自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2007年8月28日火曜日

ニック・ドレイク







ニック・ドレイク 「Hazey Jane I」1970年

「君は自分の出身をのろったり
真夜中に罵りの言葉を吐いたりするの?
僕がやさしくなっても、
それは君にとって意味のあること?
今自分がしてることが好き?
もっと続けたいと思う?
それともちょっと手を休めて
何のためにやるのかを考えてみたら?
ゆっくり行こうよ、ジェーン、筋を通して
ゆっくり、ゆっくり、ジェーン、垣根を越えて

自分を過ぎてしまったことの
残飯のように感じてる?
周りの移り変わりが
ちょっと早すぎるって思う?
喉の渇きを癒す新しい術を
見つけたいと望んでるの?
どん底から這い上がる
新しい術を見つけたいと願っているの?
ゆっくり行こうよ、ジェーン、僕に任せて
ゆっくり、ゆっくり、ジェーン 僕らは動き出した

自分のためにやるんだ
いつかは僕のために同じ事をしてくれるのは判ってるから
だから正直になって
君のぼんやりしたやり方でもいいから

鏡を見ずとも
自分が動いてるのが判る?
もし新しい男を見つけたばかりだとしたら
その男は僕に似ている?
全てが混乱している?
信じられないこと?
冬が来たら
サインをして去ることが出来る?
ゆっくり行こうよ、ジェーン、虚構を生きよう
ゆっくり、ゆっくり、ジェーン、通り過ぎよう」

訳はthe Songs to RememberSYCOさん

Myspace エルトン・ジョン、ニック・ドレイクを歌う 生涯を振り返るドキュメント「A Skin Too Few」 動くニック・ドレイク 72年の未発売セッション ギターのみの参加 唄はのちの伝記作家パトリック・ハンフリーズとアレンジャー、ロバート・カービー Amazon

0 件のコメント:

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ