自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2007年10月20日土曜日

ディーン・エリオット「Lonesome Road」&お笑いレコード「Okeh Laughing Record」







自分がこういうモンドっつーのか、ロックでもポップスでもジャズでもない不思議な音楽に触れたのは
コンピレーション盤「Incredibly Strange Music」がはじめなんですけど、なかでも「Lonsome Road」1963年 
こいつにシビれて何度も繰り返しかけました 久しぶりに聴けて嬉しい

Incredibly Strange Music, Vol. 1
Incredibly Strange Music, Vol. 1


今調べたらアルバムも出てるのね「Zounds! What Sounds!」 Wikipedia
作者のDean Elliottトムとジェリーの劇伴を手がけたひと 狂躁的でエフェクトだらけなオーケストラ・アレンジにフランク・ザッパとの類似を指摘する声も

モンド/ラウンジ・ブームに火をつけたこのオムニバス、雑誌「Re/Search」1993年の特集に端を発しているらしい 
今ならたとえばWFMUの365Days Projectみたいな奇人変人ムードエキゾチカ教育レコード「その他」に分類されるような音盤を紹介して話題を呼んだ 

しかしもとバッタ屋発のマイナーレコード 試聴だけでいいや、ってのが多いのも確か 
不思議大好きなわたしとしても一体どんなんだか聴いてみたい この出逢いを大切にしたい そのあとは知らない、という感じで
ずいぶん買っては売りました 売ってしまってからアーあの曲もう一回ききたいなぁ、と思うトラックが、Internet Archiveにあったので貼っておきます 1923年の「Okeh Laughing Record」  







悲しいときひとりぼっちのとき世界中の誰も信じられなくなったときにもう一度聞きたいクラシック ぼくの葬式でかけてほしい
サックス(コルネット?)の男はOtto Rathke 女はLucie Bernardo 
コメント欄で「彼らの正体はAl. H. WestonとIrene Youngではないだろうか? 」との指摘もあって、勉強になるなぁ いやホント

4757205384 モンド・ミュージック
著者: ガジェット4; 新品 ¥2,625

真空管のモンド・ミュージック

「好きになった」: 不思議音楽 試聴サイト特集

0 件のコメント:

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ