自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2008年2月11日月曜日

階段をのぼって

最近のLiveJournalでグロと悪趣味専門ならwtf_omgz(18禁)
尻の穴にものを突っ込んだり、死体写真がずらずら出てきたり、という
そのうちアカウント剥奪間違いなしの低俗コミュニティなんですけど、そこで見つけた写真 

[n120408402_32874415_8726-1.jpg]

一目見て、うわぁ、気持ち悪い、と思って、それが何故だかわからない 不快の出所
何だろう?と拡大すると、ははぁ、子供がいるのね 逆光で目が光ってる

[2008y02m11d_050639898.jpg]

でも、それってあとから気が付いた事で、その箇所を覆って隠したとしても この写真、気味が悪いと思う
・・・疲れてんのかな、オレだけ?と思ったら コメント欄でも「一枚目の写真なに?」「ゾッとする」と

アングルが傾いてるから?あまり見ないタイプのモノクロだから?
視界の前方右にあるキャビネット?の輪郭が頼りない 柔らかそう 
手すり越しに投げ出された毛布?関係ないか 

いわゆる不吉な場所ってあるでしょ 何故かは知らねど通りかかるとイヤーな心持がする
またはホラー映画 さんざ煽られたのちジェイソンやフレディが襲ってくると逆にホッとしたりする 
ジェット・コースターと同じで、来る・・・来る・・・と怯えてる時が一番怖い 
しかし映画館や遊園地、我々すき好んでスリルを味わいに行ってるわけで
対してこの写真の場合、わざと不安を煽る意図で撮られたものかちょっと怪しい

不穏な感触はどこから来るんだろう

人を笑わせるには明確なセオリーがあるっていうわね 逆に、不安にさせる、怖がらせるセオリーもあるだろう まずは見えない箇所、謎をつくるってことなんだろうけれど

4794958188 定本 映画術―ヒッチコック・トリュフォー
著者: フランソワ トリュフォー, 山田 宏...; 新品 ¥4,200

「好きになった」: もれなくギロチンプレゼント

不気味なサイト見つけたYO!。゚(゚´Д`゚)゜。の倉庫

「ホラー映画」の構造(二)


スピルバーグの恐怖演出

「好きになった」: 泣けない2ちゃんねる

「好きになった」: 彼女の名前 彼女の顔

「好きになった」: アフリカ白装束

0 件のコメント:

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ