自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2008年4月25日金曜日

女囚と童貞喪失記

 「初めてやったのはいくつの時?」「ズバリ、今まで何人とやりましたか」

 知ってどうする、と不思議だが こう聞いてくるオッサンいますな あれ何なんだ
おれ?10人?20人?と目の前で指折り数える人もいる 当人自慢のつもりだろうが風俗通なら千人斬りは珍しくないでしょう 
「ソープは数えちゃだめだよ!」「実地で!実地で!」
どうやら真剣勝負の様相を呈してくるとサスガにこちらも顔がこわばる ふつうは何人くらいなんだ 
 
 片思いに終わったあの娘この娘の面影が脳裏をよぎる あの日あの時「やらせて」と素直にいえたら自分の人生は変わったろうか 

  イヤでもそういうんじゃないんだよ 何ていうのか、俺の、彼女に対する感情はそんなんじゃなかった もっと純粋な、名付けようもない何かであって、汚しちゃいけない関係であり、マー今じゃけっきょく彼女は2児の母、旦那と別れて不倫中らしい けど、きっと、純粋な不倫だよ!セックスセックスうるさいよ! 頭の中それしかないのかよ!!



 ところでわたしが初めてやった日 童貞喪失を思えば
 
 相手と別れた帰り道、夕暮れの町が違って見えた こちらに向かって歩いてくる主婦、傘を握ってすれ違うOL、笑顔で歩道橋を降りる女高生 ひょっとしたらボクはこの女性たちと、しようと思えばセックスできる 裸を見せてくれるかも やろうと思いさえすれば 声をかけてみるだけで
 
 インターネットに初めて己の名を書き込んだときのように、まだ見ぬ沢山の相手が自分を待ってるように思えた 世間はアクセス可能也

 オナニーばかりしていた自分にとって「よくわからない」「恥ずかしいもの」だった性欲を、他の人、つまり女性も持っている みんな助平を隠しているだけで、本当は俺と変わらない ちょっとだけ気が軽くなった 

 お互いの体をいじったり口づけするのも勿論楽しかったけど、一番嬉しいのはふたりで子供に戻れるところ ムリして格好つけなくていい 湯船でしたい放題していいのです 何ていやらしい!でも、みんなやってることなのです!恥ずかしいことではないのです!!



  お話かわって筆者の友人の話 「お前、まだ童貞なのかよ」と周囲から馬鹿にされていた男 
 
 人それぞれが自然と思うが、井戸端にしか話題のない人たちが好むトピックではあるわね 
「・・・いや、俺も気にしないようにしてる でもイライラしてさ 
ナンパしたとか、3Pしたとか、いちいち自慢するやつがいて」

「ヒサミチは、どうやって相手見つけたの?」
 学校の先輩
「やっぱ「付き合って」って言ったわけ?やる前に」
 酔ってふたりきりで終電なくしたら、しぜんとそういうムードになった まだ帰りたくない、という    
「そっか、俺、まだ、誰かとつきあったことないんだよね 
・・・高校の時に、一番好きだった子に告白してフられてさ」 

「まぁわかってたんだけどね」
「でも俺どうしても彼女がほしかったから、2番目に好きな子に告白したわけ」

「でフられて、3番目、4番目とけっきょくクラスの女子全員に告白して」
「全員だめだったなぁ ぜんぶダメ」
 ・・・よくわかんないけど、それってたぶん噂になってるでしょう イベントみたいな
そこでOK出せる子っていないんじゃないのか ふつう、周りの目を考えるだろ
あと、少し失礼な話のような 十何番目に「好きです!付き合ってください」いわれた子は、
「ぶっちゃけ誰でもいいです!」としかとれねぇぞ
「だよなぁ」「でも彼女ほしい」「俺、一生童貞なのかなぁ」

「・・・最初が風俗だけは嫌なんだよね」
 

 それから15年がすぎて 彼の借金はげんざい200万 その大半は風俗に溶けたんですけど 
人並みに一児の父となった今、童貞喪失を振り返ってもらった

 「当時、バイトで内装やっててさー 工場、官庁、大企業、自衛隊や米軍基地の中に入って作業するの その日はたまたま刑務所だった 前に女子刑務所は入ったことがあった あいつら凄いよ 

男子禁制 刺激しないように看守も係官も女なの 男をみると取りあいになっちゃうんだろうね
「あたしを見たのよ!」「ちがう!あたしよ!」って いやいやマジで 

と、いうのは 女囚が列を成して歩いてくる ね?
そこで俺みたいな出入りの業者が視界に入ると
「止まれ!」「回れ右!」「目隠し!」号令で全員背を向けて両手で目隠しするんだよ 東照宮の「見ざる」みたいに
オトコは御法度 
さながら修道院 目が穢れちゃうって感じ みんな丸坊主だしね」 



 「ああ、童貞喪失の話 その日はぼんやり暖かくて、はじめ、おっかなびっくり仕事してたわけ


 刑務所の行進ってみたことある? 大の男が数十人、一糸乱れず手足をピンと伸ばして歩く
全員とうぜん悪漢面 裾に袖口に見え隠れする入れ墨が迫力


 「イチ、ニッ、イチ、ニッ、筋骨隆々 受刑者たちの体操を、休み時間にボーッとみてたら、何だか自分の悩みがバカバカしくなった 

 童貞とか、モテないとか、
恥ずかしいとか そんなの大したことじゃない 
セックスしたけりゃすりゃいいじゃん わるいことでも何でもない 

 いま、俺の目の前にはレイプ犯も殺人者もたくさんいる 屈強で危険な男たちだ 
 捕まって罰としてここに集められ、同じ太陽の下で、ガキみたいに体操させられている
 奴らは
午後には監房に戻されるだろう 俺はメシ食ってさっさと仕事を終えりゃあ、どこに行こうと俺の勝手だ」

 「そう考えたらめちゃくちゃセックスしたくなった 
 女とやりたい 女とやりたい 
きのう出たばかり給料を、財布の金を残らず使いたい 
もうヤもタテもたまらない」



 西川口へ直行し、本番ありのピンサロを三軒はしご 童貞喪失とともに、彼の風俗狂いはそこからはじまったんですけど、今は落ち着いたみたい 
 

「取り締まりで店みんな潰れてさ 
今はみんなホテトルに変わった 値段あがっちゃって駄目だよ」とのことでした



0 件のコメント:

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ