自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2008年8月29日金曜日

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド初期のリハーサル映像 60分

















1966年 アンディ・ウォーホルの「ファクトリー」で行われたヴェルヴェット・アンダーグラウンド初期のリハーサル映像がInternet Archiveにあがってるよ 79年にイタリアのTV局が放映したものみたい 画像をクリックのこと



















 ノイズ混じりのジャム・セッションが1曲50分弱 これほど長いのは初めてみた 所在なげにタンブリンを鳴らすニコ マラカスを振るその愛児 革ジャンサングラスのルー・リード(バンドメンバーみんなサングラス!) 

 マニア向きの映像です 何でこの下手くそなバンドが40年にわたって騒がれてんの?ってひとはYou Tube ヴェルヴェット・アンダーグラウンド特集から読んでね

 53分くらいから警官が2人はいってきて演奏中断 ウォーホルもお出ましで揉めてるのはやっぱ騒音問題か

B000002G7C The Velvet Underground & Nico
新品 ¥679



 以下はVelvet Underground Flickrのフォト・ストリームより 初めてみる写真多いなー

 























































バットマンに扮したニコとウォーホル















バナナは剥くとこんな感じ うちのLPは皮なくしちゃった



「好きになった」You Tube ヴェルヴェット・アンダーグラウンド特集

「好きになった」メモ:ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのブートレグ3枚「and so on」「-etc」「THE BLACK SIDE OF THE STREET」

「好きになった」ヒサミチのはてなブックマーク
よりVelvet Underground検索 海賊盤とか

You Tube「Nico, femme fatale」ニコの生涯をたどるイタリアのドキュメント だれか英字幕つけてください

2 件のコメント:

fumi_o さんのコメント...

Nicoという名前の女性って、彼女以外に聞いた事ないですね。
彼女の息子Ariの写真、初めて見ました。
昔、新聞で訃報を知ったときの記事にも、アランドロンとの間に云々と掲載されていましたが、確か彼は認知していませんよね?(彼の家族が認知したとはこのページに記載されています)
http://www.st.rim.or.jp/~seven/artist/nico/nicon.html

ヒサミチ さんのコメント...

そうそう!ドロンの息子って話でしたね
http://surrealdocuments.blogspot.com/2007/03/nico-ari.html
彼自身も俳優やってたみたいです

ディラン、ジャクソン・ブラウン、ジム・モリソンとも噂されて
ニコってそんな情熱的にも見えないんだけど、みんなが惹かれるのはあの低音とエキゾチックなところなのかな

こういう芸人や文人の男を渡り歩く「恋多き女」「ミューズ」みたいな女性 坂本睦子を知って、ニコを思い出しました
http://www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/book/186.html

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ