自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2008年2月21日木曜日

顔の工場・他人の記憶

[20757_std.jpg]

via johndoe40

Carol Eyerman「A surreal study of latex masks」 1950年 ラテックス・マスクの工場写真



他人の顔」にこういうシーンあったような



1966年 映画「他人の顔」予告篇 (海外版のほうが怖い)

B000060NCW 勅使河原宏の世界 DVDコレクション  

「・・・思いきって仮面の大量生産を始めてもいい 自由に取り外しのきく顔 親もなければ兄弟もない 味方もいない代わりに敵もいない世界 犯人というものが存在しないんだから当然犯罪もなくなるわけだ そんなありあまる自由の中でなら、あらためて自由を求めたりする必要もないわけでしょう?」「他人の顔」より

この映画のメイン・テーマ、高度経済成長期に流行った「自己疎外」とか「人間蒸発」って言葉、最近あんまり聞かないね 家出人捜索願の受理件数は年々増えてるみたいだけど 一説には自殺者数の倍だとか



ところで大学の構内に「尋ね人 ××君が記憶を失って行方不明です」とのポスターが貼ってあって 記憶喪失ってホントにあるんだ、とマジマジその顔を見た思い出がある

「他人の顔」でいうところの「顔」は固体認識、外から見た「その人らしさ」の象徴だけど、
主観的には記憶を取り替えられたほうが、よりイッソー「他人」と思う 「自由に取り外しのきく」記憶 何つーか、そのほうが他人っぽい

失踪者は失踪先の新しい職場や家族に「己は失踪してきた」と、まずは告白しないだろう ある程度、過去を偽るだろう 数十年のち詮索する人もいなくなり、自分で自分の過去も曖昧になってしまったら、データ上書き見事他人化終了か



下は1974年のドキュメンタリー 焼死体の身元を探る「飢餓海峡」的企画

ニコニコ動画「顔」 ~ある飯場火災事件簿から~

[2008y02m19d_015357399.jpg]



もうひとつ 上の写真の不気味は、皆同じ顔というところ
同様に、たとえば複数の人間が、全く同じ記憶をひとつの視点で共有したとしたら、どこからどこまでが自分なのか

人の一番長持ちする欲望は「他人になりたい」ってことだと思う 野球選手やロック・スター、子供を動かすのはその憧れで、われわれ成長したのちも一貫して「世間の基準にあわせること」を要求される 「他人の如くふるまえ」と
都会で「自分探し」に勤しむのは己の内の他人でしかない 肉体を離れて考えれば、自分とは誰か、よくわからなくなる 私は誰ココはどこ海は死にますか山はどうですか 

さすがにそれほど若くもマジメでもないオレは「わからなくてもかまわない」「そういうのは他人が決めること」でヘーキですけれども

4047040010 「哲学実技」のすすめ―そして誰もいなくなった・・・
著者: 中島 義道; 新品 ¥600



「記憶喪失」で思い出したのが、たしか「悪魔のティーンエイジブルース」で読んだコラム うろ覚えご容赦

4944098340 SOFT,HELL!悪魔のティーンエイジブルース
著者: KING JOE; 新品 ¥1,890

事故で記憶を失なってしまった親友宛てに、ビデオレターをつくる話
彼と一緒に遊びにいった飲み屋やクラブ、海岸を撮って、ナレーションに
「××、去年の夏、お前とここでオールしたんだよ」「この便所でお前ゲロ吐いて」「女の子ナンパしたじゃんか」「思い出せ」「また一緒に行こうぜ」

記憶は自分だけのものじゃない 何とも切ない話でした

B000197J1I GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
新品 ¥3,030

日本に暮す様々な人々3,141人を重ねた肖像

顔出し看板展示館

「好きになった」: 彼女の名前 彼女の顔

You Tube 女装マスク

Face Gallery 大顔展

0 件のコメント:

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ