自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2008年3月2日日曜日

You Tube シン・ジュンヒョン申重鉉の韓国サイケ・ロック



1975年 映画「Miin」より

韓国ロック・スター、申重鉉(シン・ジュンヒョン)の名を知ったのは幻の名盤解放同盟の宣伝活動によってであります

わたしは作家根本敬とともに、湯浅学という批評家を尊敬していて、彼が褒めるものなら何でも買っていた サブカルだのアングラだのいう韜晦的なくくりに馴染めなかった自分はしかし、見た事も聴いたこともないモノに触れたくて「音海」を「音山」を「人情山脈の逆襲」を幾度読み返したか知れません

4891763795 音山―呼べば応える音盤の木霊書
著者: 湯浅 学; 新品 ¥1,890

あの本この本で薦められたシン・ジュンヒョンは韓国最初のロックンローラーで、のちにサイケやガール・ポップス、幅広すぎる活動の末K-POPのゴッド・ファーザーと呼ばれる男 

高円寺RAREでやっと見つけたCDを、よっぽど凄い音なんだろう、とトレイに乗せる手ももどかしく、スピーカーから爆音で流れてきたのがこの曲「美人」1974年



まさに韓国からジミ・ヘンドリックスへの返答 しかし、どうなのこれは よくわかんねぇ・・・  クレイジーケンバンド も名盤「777」でカヴァーしてます)

だいたいこのリフ、上の曲と同じ節で唄えないか そういうこといっちゃダメなのか
サイケの大御所クリームブルー・チアー同様、テンション・コードを使ってへヴィ・ロックの構造をおさえてはいるものの、どうしても零れるイナタさ親しみやすさ
アシッド、つーより酒くさい 村祭りにエレキが鳴ってる感覚 

日本の灰野敬二ジャックス裸のラリーズとはまったく違う シン・ジュンヒョンにはおどろおどろしさがない 

印象だけなら突然段ボールや「宇宙防衛軍」の頃のエンケンを思わせる 
パンク・ロックの跡をついだ80年代ニュー・ウェイブのフシギな明るさを、韓国ロックが先取りしてた、ってのはしかし、穿ちすぎだろうなぁ
B0009J8FNQ 成り立つかな?
新品 ¥1,995



以下は、韓国朴政権下を振り返るシン・ジュンヒョンのインタビュー 
大統領府より朴正煕賛歌作成の依頼を蹴った韓国ロックのパイオニアの苦闘

「(前略)一言で言えば、音楽をするのが難しくなりました。まず、公演会場に常時警察が取り締まりに出てきました。 独裁が進んだ時期で、政治状況は非常に良くありませんでした。私はむしろ、独裁者ではない我が国の山河と国民のための歌を作ろうと思いました。それが、1972年に"the men"で発表した‘美しい山河’です。その時、私の提案でMBCの土曜日ショープログラムに出演して、この曲を歌いました。その放送でリ―ドボーカルの パク・グァンスは髪を剃り落とし、他のメンバーは耳にヘアピンを刺して長い髪をたくし上げ、長髪をより強調しました。一言で言えば、強圧に対する不満を表明したのです。それがまた憎悪を生みました。これを見た故ユク・ヨンス女史が‘作れと言った朴大統領の歌は作らずに反抗している’と言って怒りを爆発させ たという話も聞きました。それからは長髪取り締まりがより激しくなり、自分の曲は継続的禁止処分になりました」sekifu - Kim Jung Mi のこと (2)より 

話題の曲は「韓国音楽試聴」で聴けます 質量ともに素晴らしいサイト 
以下は1975年、禁止処分の内容

シン・ジュンヒョン作詞作曲の曲はその大半が禁止曲となり、アルバムは発売禁止となった。その理由は「低俗な唱法」「退廃的な曲」という名目だった。この禁止処分は12年後の1987年8月に解禁措置になるまで続く。sekifu - Kim Jung Mi のこと (2)より

長髪取締りってのも凄い 中学生みたい 
ブラジルのサイケデリック革命トロピカリズモチェコのロックが政権に弾圧されたように、近代化に遅れをとった国のロックはプロパガンダ化をまぬがれえない どんな表現も「政治的」に流通してしまう

ロックが反抗の象徴だった時代は全世界的に終わったけれど、
シン・ジュンヒョンの朴訥でとっつきやすい人柄は時を超え、曲を通して伝わってくる 
それにしても、彼の公式サイトのギターはでかい 巨根 



シン・ジュンヒョンプロデュースのPearl Sisters 映画내일의 팔도강산(Korea Tommorow)より 1971年

ほかYou Tubeで見つかった韓国サイケ・ポップス・プレイリスト

4860200314 豪定本 ザ・ディープ・コリア
著者: 根本 敬, 湯浅 学, 船橋 英雄

韓国ロックの大父 シン・ジュンヒョン
米8軍ステージでも ‘私達のもの’を 悩んだ” 韓国大衆音楽100年,


2006年のインタビュー

「韓国歌謡の世界」

0 件のコメント:

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ