自分の写真
「好きになった」はインターネットの大道芸収集サイト 風に散らばるチラシやビデオ、イイ話を集めています 
自作音源 *旧「好きになった」 *好きになった」がおすすめしたい *はてなブックマーク *Twitter *Translation in ENGLISH

2008年9月19日金曜日

募集 あなたの描いた売春婦



















 ちょっと前、
 もとデートクラブに勤めていた女性が、その経験を綴ったブログ記事を読んだことがある
つってもカゲキな内容じゃない お客さんにこんな人がいて、みたいな世間話でした

 ところが筆者、書き手の女性が有名なブロガーだったらしくて、
一部のネット界隈じゃ「告白」として受け止められ、話題を呼んで嘲笑派擁護派分かれておおぜいの人が発言した
「なーんだ売女か」とか「勇気ある発言です」とか、そういうことだね

 批判のいちいちに勝気なブログ主が「職業差別するクズは死ね」「謝罪しろ」コメントを残して油を注ぐ
しょせんはみなさん他人事 回線の向こうで知らない誰かが顔を真っ赤にするのが面白い 

















 
 ネットの対立は極端に走るのが常 そのうち

「いろいろ言うけど、けっきょくきれいごとじゃねーの?
売春婦がそんなにご立派な職業なら、お前の彼女がやってても平気?」

「自分はもちろん気にしないよ!仮定の話だけど!」

みたいな書生論に堕ち、読むのをやめた記憶があります 仮定の話か



 その一件で不思議だったのは、女を「買う側」の意見がみつからなかったこと

 売春って、つまり、どんな仕事なの?フーゾク嬢はなんでサベツされてんの?
って検証に、ユーザーの視点は欠かせないでしょ

実際フツーに大人なら、のぞき部屋キャバクラおっぱいパブ 
フーゾクと名のつく店に一度も入ったことない男は少数派だろう、と訝しい
















 
 でもまーネットの議論なんて、じっさい言い負かしたいだけだからなー 



 Webはでっかいしゃべり場であります
流行りの話題に乗っかって、
ホームレスだの障害者、ワーキングプア売春婦へのサベツを開き直ったり、糾弾するのは大いに結構 

 しかし概念が一人歩きして、生身の人間を置いてきぼりに
「批判は言論の自由である」VS「人権は日本国憲法に書いてある」の構図がでたら
そろそろ潮時 腐りかけ 

 被差別者抜きの差別語「問題」アホの子置き去りの教科書「問題」    
タテマエだろうとホンネだろうと「実態どうなの?」のリアリズムを離れれば実のある意見はもう出ない
























 でもその「実態」って何なのか 
この文読んでるあなたは多分、ホームレスでも娼婦でもないだろう 周囲は「まともな人」ばかりかもしれない

 そんなヘーボンな君だって、街で見かけた「不快」で「かわいそう」な人たちについて、持論を語ったっていい筈だ
「自己責任」か「誰かが何とかするべきだ」 
どっちみち使い古された2択だけれど どっかの本にとっくに書いてあるようなことだけど
























 論より描写のおもしろさ 

 素人の手でテキトーに描かれた娼婦の絵はSilent-Porn-Starで知ったProject Prostituteのもの
Flickrの画像プール その2

 はじめは単なるジョークとして、友人の描いた娼婦の絵からはじまったコレクションだそうな

そこで、好奇心に火がついたのです 私はたくさんの娼婦の絵が見たい
祖母が描いた売春婦や、数学教師が描いた売春婦の絵を
娼婦の絵を描くことで、描き手の隠された一面が見えるかもしれない

このコレクションを始めてからというもの、絵に現れた、人それぞれの娼婦像に驚かされっぱなしです

Project Prostitute解説文より



















 軽蔑や憎しみが透けるデフォルメ 所在なげに佇ずむ派手な年増 動物もの 
エロゲの妖精がいるかと思うと、具体的なプレイが描かれていたりする 作者はヘビー・ユーザーか 



 「フーゾクの女?最低・・・」 
 「アー、あの店もっかい行きてぇなぁ」 
 「大きくなったら☆ビッチ☆になりたい!」

 いろんな人のいろんな思いが一目でわかる 論からこぼれた味がある 
作画参加者を募集しているそうです

そんなにマジにならないで!芸術的才能はいりません 
ただ娼婦の絵を描いて私に送るだけ

 (あと、ラッキー・ホールって向こうにもあるんですね Glory Holeっつうのか 初めて知った)
























 ときどき夜遊びが過ぎて朝帰り 始発時JR池袋構内で、たくさんの女の子たちとすれ違う 
化粧っ気なく肩を落として西口ビル街へ消えていく
あれってみんな早朝ヘルスやソープのコたちだって

 「こんどAVギャルと合コンやるんだよ!」 
イイなぁ、すげぇじゃん、と人の自慢話には応えるけれど
実際行ったら落ち着かなさそうだ 名前も知らないAV女優たちと飲んでたら
サービスしなけりゃいけない気がする 必死で羽目を外さなきゃならない気がする

なぜそう思うのか わからないけれど



ナニワ風俗道~実務に役立つ風営法講座(笑)~

macska dot org 反売春系フェミニスト団体観察記録

「好きになった」メモ:
無料でセックス 21世紀の売春宿 Big sister

「好きになった」メモ: 赤線地帯

「好きになった」メモ: veoh 溝口健二「夜の女たち」

「好きになった」恋に似たもの

1 件のコメント:

Indra さんのコメント...

導入..インドラ私の名前...私パレンバン、国から来..お客様の情報は、感謝の

「好きになった」がおすすめしたい

月別アーカイブ